[上海旅行記5]上海ガニ分解と30年物の紹興酒(孔乙己酒家)

今までに北京で上海ガニは何度も食べたことがある。濃い味と独特の匂いで好きにはなれなかったが、上海旅行で上海ガニは外せない。上海ガニの美味しい時期は11月とのことだが、知人曰く「養殖しているのでいつでも美味しく食べられる」とのこと。その知人の勧めで「孔乙己酒家」に。

豫園の近くの孔乙己酒家。路地に入ったところで場所は分かりづらい。滴滴打車でないと来れない場所。

雰囲のある店内。

オーダーしたのは上海ガニのコースメニュー(238元)と紹興酒飲み比べセット(40元)。そしてカニ分解(10元/匹)のオプションも付ける。

一般的に紹興酒・黄酒は年代が経てば経つほど、酸味が和らぎ甘みと粘度が高くなる。今までに飲んだ紹興酒で一番古いものは古越龍山8年物。飲み比べセットの内容は、満堂紅(原浆)、満江紅(30年)、江南紅(20年)、花雕王(20年)、加飯(5年)。それぞれの表記が製造元ベースなのか(满堂红など)、カテゴリーベースなのか(花雕王など)、製法ベースなのか(加饭)なのか、よく分からず。30年物の紹興酒はマイルドでドロドロだという予測に反して若い黄酒っぽい口当たりであったのが驚きであった。酸味と甘みのバランスが一番気に入ったのは花雕王(20年)。

紹興酒飲み比セット。左上から時計回りに、満堂紅(原浆)、満江紅(30年)、江南紅(20年)、花雕王(20年)、加飯(5年)

前菜

エビとカニ味噌。

カニ身

カニと豆腐

カニスープ

カニチャーハン。

この日は人生初めてカニ解体のオプションを付ける。この判断が正しかった。小ぶりの上海ガニが見事に分解されてやってきた。決して自分(素人)では特定不可能な可食部まできれいに取り出されていた。上海ガニを食べるときの分解はプロに頼まなければならない、ということを知った日であった。

カニの姿蒸し。

プロに頼むと細い足の部分まで丁寧に分解してくれる。餅は餅屋である。自分でやると蟹脚部分は食べれなかっただろう。全て美味しくいただきました。

カニポーズ

写真でつづる上海旅行記2017

[上海旅行記1]寝台新幹線?(北京~上海夜行寝台列車D321)
[上海旅行記2]寿司のネタだけ先に食べる感覚(南翔饅頭店の巨大小籠包)
[上海旅行記3]世界最速エレベータで感じるGは?(上海タワー)
[上海旅行記4]時速430km/h!リニアモーターカーの車内でコンパスはどちらを指すか?(上海トランスラピッド)
[上海旅行記5]上海ガニ分解と30年物の紹興酒(孔乙己酒家)
[上海旅行記6]上海観測史上最も暑い日のジョギング(上海地下鉄ジョグ)
[上海旅行記7]くるくる会史上最多の参加者(上海くるくる会)
[上海旅行記8]北のオリンピック公園、南の世紀公園(上海世紀公園)
[上海旅行記9]阿Qの結末は?(魯迅公園)
[上海旅行記10]最新型中国高速鉄道(復興号CR400)