[ガーナ再訪記16]ジョロフライス ~体重五割増

ガーナ(アディドメ周辺)の代表料理は以下の通り:

難易度低 ジョロフライス ライスを炒めた後に煮汁で炊くピラフに似た料理
難易度低 蒸ヤム、揚げヤム ヤムイモを蒸したり、揚げたもの
難易度低 ガリ キャッサバの粉。朝食用。
難易度低 プランテーン 食用バナナ、揚げたり蒸したり焼いたり。
難易度低 フーフー キャッサバやプランテーンをついたもの。ガーナ料理の中で一番美味い。
難易度中 ケンケ トウモロコシを発酵させて練ったものをチリソースで食べる。
難易度高 バンク―(アクプネ) キャッサバを発酵させて練ったものをチリスープと一緒に食べる。ガーナ料理代表。

難易度とは、食べるときに覚悟が必要かどうかの指標である。体調が悪かったり気乗りしないときには「難易度高」の食材は食べることができない。あとフライドライスやビーンズなどもあるが、ガーナ料理ではないので除いてある。

協力隊時代、ライスを準備できないことはなかったが、アディドメで購入できる米は「アメリカ50%ブロークンライス」と呼ばれる砕けた米、美味しくはない。更に合わせるオカズもなかったためライスの頻度は少なかった。

朝はパンとコーヒー、昼飯は「ケンケ」、晩飯は「バンク―」という組み合わせが多かった。「ケンケ」も「バンク―」も発酵食品。口に入れると酸っぱい香りが広がる。最初食べたときは「腐っている」と感じてしまい一口で止めてしまったのを覚えている。「ケンケ」も「バンク―」も基本的に噛まない。口の中に入れてそのまま喉に流し込むのである。現地人も「イチイチ噛んでいない。噛むと酸っぱいに匂いがするだろう。」とのコメント。日本で喉に直接流し込む料理はワンコソバくらいしかないだろう。

さて再訪初日の夜、E氏に連れて行ってもらったボルタ川沿いのSOMEWHEREというレストラン、18年前にはなかった洒落た場所でのガーナ再訪第一食目。E氏の奥さんや姪っ子も参加してくれる。選んだ料理はジョロフライス。安心して食べられる味だ。添えてあるチリで煮たチキンも美味い。

協力隊参加の前、私の体重は54キロ。協力隊に参加して半年も経たないうちに体重は45キロまで落ちる。食事(バンク―)が合わず、骨と皮だけで生きていた。ここで「生きる」という目的のためには体重は45キロだけで十分ということがわかった。現在の体重は65キロ。協力隊時代より20キロ、率にすると五割近く増えている。

この身体的差分の20キロ、それに見合った精神的成長はしてきたか自分に問う。

img_3972

ホテルに併設されたレストランSOMEWHERE。洗練された空間。

img_3981

ガーナ再訪一食目のジョロフライス。変わらない安心できる味。

img_3982

E氏が食べていたティラピア&バンク―。協力隊時代の定番メニュー。

img_3987

昔話に花を咲かせながら食べる食事は最高!

bmd

ごちそうさまでした!

bmd

記念撮影

Next→[ガーナ再訪記17]ソガコフェのホテル ~マラリア対策