[北京グルメ]ラッキーストリートの人気火鍋店(兴记潮牛潮汕火锅(好运街店))

ラッキーストリートの炭乃屋の隣に新たにオープンした火鍋屋、連日順番待ちので入り口はごった返している。当初、先週いった重慶火鍋に行く予定だったが、時間も早く行列も少ないだろうという予想の下、この人気火鍋屋をトライ。

sdr

元々、日本焼肉屋があったところだと思われる。

オープンしたての店内は明るくて綺麗。調味料はビュッフェ形式。飲み物はオーダーしなければならない。この点、前回と同様にドリンクバーを期待していた子供たちには不評。オーダーは紙にチェックを入れる方式。

この店の特徴は、なんといっても肉を切るディスプレイをしているところである。この点は「レストランでは裏で何をしているかわからない」と考える私のような心配性の人に対してはちょっとだけ安心させてくれるシステムである。肉を薄切りにするのに出刃包丁を器用に使うのは相当のテクニックが必要だと思われる。機械で切られた薄切り肉よりも形はいびつだが、これはこれで旨い。

sdr

肉を切るガラス張りの調理場

cof

基本的に服務員が調理してくれる。

cof

二つの鍋底タイプではない。

cof

肉は基本的に網の上で茹で、茹であがると写真のように置いておくスタイル。茹ですぎることはない。

味は旨いし店員さんも非常に愛想がよく気持ちよく食事ができた。またビールが凍るまで冷えていたのも◎。ただしゴマペーストの味が少々薄かったこと、子供たちが期待していたドリンクバーやデザートのビュッフェがなかったことで、次回以降来るなら、ここではなく重慶火鍋の方かな。