[23省中国料理チャレンジ]病みつきになりそうな重慶火鍋(重庆市,山城辣妹子)

北京に来て以来、ずっと気になっていたラッキーストリートの山城辣妹子。日本食屋が立ち並ぶ中でひときわ目立つ中国料理店。オーダーは通常は紙にチェックをしていく方式だが、頼めば写真付きのメニューもある。親切な定員さんが「こっちよりもこっちがお勧めだよ(高いものを勧めているわけではない)」といろいろとサポートしてくれる。ドリンクバーは一人二元、アルコールは燕京系、前菜やデザートは無料。

辛い物が未だ苦手な子供たちがいるので、半分あっさり系、半分激辛系のスタンダードな火鍋(小サイズ)をオーダー。調料は私はニンニクごま油、子供とカミさんはゴマペースト。

sdr

半分が清淡,半分が麻辣

今回初めてということで、ラム肉は挑戦せずに牛肉、ソーセージ、湯葉、春雨、東豆腐などの定番を中心にオーダー。ただし一品、名物料理ということで「辣妹子牛肉」なるものを頼む。凄かった。たっぷりと一味をまぶした厚めの肉、これを火鍋に入れてもその一味は取れない。口に運ぶと熱でパワーを増した唐辛子が口の中で大暴れする。飲み物で無理やり胃に運ぶ感じで食していく。

cof

一味をたっぷりと付けた牛肉

cof

火鍋から引き揚げた状態。一味はしっかり肉にくっついている。

子供たちもパクパク食べていく。シメのラーメンも◎。親切な定員さんは無料のデザートやら薬味を持ってきてくれたりして、とても気持ちよく食事ができた。

まわりの殆どは中国人カップル。日本人と日本語で埋め尽くされた他のラッキーストリートの店とは違う。値段も高くなく、雰囲気も良い。近いうちにまた行きたい店だ。

2016年中国料理23省5自治区4直轄市2特別区チャレンジ6件目 重慶料理
個人的好み ★★★
アルコールが進む度 ★★★★
辛い人が苦手なひとには勧められない度 ★★★★★