[ラン]長い距離を走っても脚に全くダメージなし

昨日の北京三環路一周ジョグで51キロ走る。キロ7分50秒と超スローペースのジョグということで、走り終わった後もほとんどダメージは感じなかった。とは言え翌日になれば筋肉痛や関節痛が現れるだろうと予測していたが、それもなかった。

そこで予定はしていなかったが、二日連続のジョグを試みる。身体が軽いし、足が前に出る。キロ6分弱と通常よりもかなり遅いペースであったが昨日の超スローペースと比べれば雲泥の差。自分の足が速くなったのではないかという気になる。しかも全く疲れない。

調子にのって、朝暘公園外周一周と内周二週をして22キロ走る。それでも脚の柔軟性は十分に残っていた。

超スローペースにすることで、かなりの距離を稼げることに気づく。これであれば北京四環路(65キロ)は問題ないであろう。二日で走ろうと思っていた北京五環路(98キロ)も夜明け前からスタートすれば一日で走れそうな気がしてきた。

そして本丸、北京六環路一周(188キロ)、走ると+10%位の距離になるから実質200キロジョグになる。一日目100キロ、二日目60キロ、三日目40キロのチャレンジにあるだろう。本気で計画してみよう。

IMG_20160313_065504

今日の朝暘公園。このビューを見るたびにテンションが上がる