[中国茶]马甸桥でプーアル茶購入

最近始めたダイエットの対策の一つは「プーアル茶」。プーアル茶には脂肪の燃焼を促進する物質が豊富に含まれているそうである。一方で表現が難しいがプーアル茶独特の「野性味」がどうしても好きになれず、今までは白茶や烏龍茶を常飲していた。

端午節休暇二日目、自分にあったプーアル茶を探しに、カミさんの勧めで马甸桥の中国茶販売店が集まるビルへ。タクシーの運ちゃんからは「中国茶を買うんだったら西二環の马连道じゃないの?」としつこく言われるが、カミさんは「马甸桥で良いんだ」と言い張る。その理由はすぐに分かった。

马甸桥の中国茶ビルの三階部分は全て中国茶専門店。雰囲気は秀水に似ているが呼び込みもなく店員さんの感じがとても良い。各販売店は清潔感があり、日本語対応してくれる店もある。本当のことは分からないが、騙されている感、吹っ掛けられている感は全くない。

カミさんの知り合いの店で三種類のプーアル茶を試飲させていただく。そのうち二つは所謂「野性味」が強かったが、残りの一つの濃い色のプーアル茶は香りがとても良く、プーアル茶独特の妙な甘さも抑えられている。最も値段が高かったが購入を即決。店員さん曰く「葉の部分ではなく希少な芽の部分」とのこと。3両で90元(150gで1500円)、毎日飲んでも2か月くらい持つ。これを2か月飲み続ければ、1kgくらい体重が落ちている、、、はず。

中国茶ビル。地下鉄の駅から遠いので来るとしたらタクシーかバス。

雰囲気は秀水

中国茶が積まれた店内。

中国茶を飲むときのセレモニーらしきもの。お湯やお茶をワザとこぼして、水が流れる音を聞きながら茶を飲むらしい。

子供たちは待っている間、店内で宿題

購入したプーアル茶。