[23省中国料理チャレンジ]大味な上海料理(小江南)

上海蟹や红烧の利いた肉料理に代表される味の濃い上海料理。広東料理とは対比的だ。残念ながら今までに旨い上海料理には巡り合えていない。

IMG_0561

ラッキーストリートの南の端

その中でも小江南の焼き小籠包は別だ。子供たちが北京に来て初めて来た中華料理はココの焼き小籠包、両親が北京に遊びに来た時もココの焼き小籠包をテイクアウトした。特に中華料理に興味がない子供達でも焼き小籠包にだけは反応する。海鮮系は独特の臭みがあるので、オーダーするときは鶏系や豚系が中心となる。残念なのは、ココで小籠包・焼き小籠包以外で「旨い!」と思えるメニューに巡り合えていないことくらいだ。今回も蟹と煮込んだ豆腐料理をオーダーしたが、中途半端な蟹の香りで最後まで食べきれなかった。小江南は焼き小籠包があるので別だが、上海蟹の季節までは上海料理店に行くことはないであろう。

IMG_0554

寒い日にピッタリの水果茶

IMG_0557

日曜日の半額品「蟹粉豆腐」

IMG_0559

名物焼き小籠包、具材が何なのかは外観からはわからない

IMG_0560

小江南は頻繁に期間限定サービスを変更するので注意が必要だ。ちょっと前までは「100元以上のオーダーで小籠包サービス」をしていた。今回は曜日によって変わる特価品のサービス。定員さんの動きはキビキビしていて礼儀も正しい。最近のレストランでよく見かける「スマホをいじる店員」も皆無だ。社員教育が良く行き届いている、気持ちの良い店である。

2016年中国料理23省5自治区4直轄市2特別区チャレンジ4件目 上海菜
個人的好み ★★
「蟹味」「エビ味」は嫌い、でも「蟹」「エビ」は好き、ということに気づかせてくれる度 ★★★★
★★★