[ルービックキューブ]海外遠征で足に挑戦! 面白い!

結婚してからというもの、宿泊を伴う遠征旅行(家族不帯同)は過去に野辺山100kmウルトラマラソンだけ。周囲がマラソンやトライアスロンで遠征&大会出場していても、「わざわざ宿泊してまで行く必要はない」と何処か冷めていたところがあった。

しかし今回は違う。目黒キューブフェスト2015の参加のため家族を残して遠征。しかも海外遠征!たかがルービックキューブ、されどルービックキューブである。

年齢別の表彰やMIP等の趣向が凝らされた大会。片手やBLDだけではなく、最小手数や足競技もある。折角の機会なので、これらの競技にも出場させてもらうことにした。

最小手数はLBLで何とかなりそうだが、足競技はそもそも設備(足専用のマットやタイマー)すらない。早速、タオバオで購入して何も事前調査なしに足競技を試してみた。

  • めちゃくちゃ難しい。初めて片手をした時と比べ物にならないくらいキューブを回せない。
  • RやLが難しい。Uの方がなんとかなる。
  • 無理矢理回しすぎるとパリティーが発生しやすい。一方で、パリティーを元に戻そうとしても足では戻らない。
  • スタックタイマーは10分経つとパワーオフしてしまう。
  • 初回は20分以上かかる。二度目以降も15分程度。目黒キューブフェストの制限時間が5分である事を考えるとかなり練習しないといけない。

今まで「足で物を触る」という点で若干拒否反応があった足競技、実際にやってみると楽しい!回すたびに慣れていっている事が実感できる!ハマりそうである。

IMG_20151031_170523