[マラソン]世界陸上一般参加イベント

8月22日は北京世界陸上2015の開幕式。

初日に開催される男子マラソンは開幕式の前のスタートである。この世界陸上のイベントに一般参加のランナーも出場できる(世界陸上はフルマラソン、一般参加は10km)。世界陸上に参加しているエリートランナーと一般ランナーの間には数十メートル間隔が設けられているとはいえ、スタートは同じタイミングである。私は団体申込みだったので、スタート位置はエリートランナーが見える位置であった。周りの一般参加のランナーはカメラの位置を確認する等、「エリートランナーに追いつく!」といった雰囲気満々のグループがいた、、、と思っていたら実際に追いついた人たちが居たようだ。追いついた方の番号が3762ということだったので、多分団体申込み枠ではなく後方からのスタートだったと思われる。交通規制や工場操業停止等で空気を良くした上での威信をかけた世界陸上、その割には何をしでかすかわからない市民ランナーを一緒にスタートさせるとは、中国の懐の深さなのかもしれない。

当日はどんどんと気温が上がり、キロ4:40を切るので精一杯。普段のジョギングとあんまり変わらない、、、というか普段のジョギングがレースに向けてのトレーニングになっていないことが証明された。なんとかせねば、、、

団体申込みで優先搭乗のような気持ちになれた度 ★★★★★
マラソン大会で目立つためにスタートダッシュして先頭グループに潜り込める可能性 ★

IMG_20150822_075325_1 IMG_20150822_072454 IMG_20150822_072853