[ゴルフ]初めてのグリップ交換

10年以上前に購入したTaylormade R5のドライバー。

前回のラウンドの際に「グリップツルツル」との指摘を受ける。確かに表面のゴムの起伏は剥がれ落ちている上にグリップが左側に10°以上捻れていて、グリップ上の目印だけではスクエアに構えられないような状態になっていた。

ということで、歩いて行ける女人街へ。即日でグリップを交換してくれる店舗は一つしかない(エレベータを降りて左の突き当たりの店)。15種類の位の候補の中から今のグリップと同じ太さのものを選ぶ。工賃込みで100元。ほんの10分程度で作業完了。

その足で朝陽ゴルフ練習場に向かい試打してみる。未だ手になじんでいないのか、少々太く感じる。今まで気づかなかったが、アイアンよりもフェアウェウッドの、フェアウェウッドよりもドライバーのグリップが太い。

グリップを交換して「良い球を打ちたい」という気持ちが強すぎたのか、球筋は右へ左へ安定しない。練習の最後に「ゆっくり大きく」のイメージを思い出して、やっと後方ネット上段に球が届くようになった。

グリップを代えたことが吉と出るか凶と出るか。コンペは22日である。

女人街。一階には秀水にも劣らない衣料雑貨の個人商店が建ち並ぶ。ゴルフ関係以外ではなるべく近寄りがたいエリアである。

IMG_0271

左側に10°ズレたグリップ。今までゴムが切れずよく頑張ってくれた。