[北京生活]北京で花粉症発症

この数週間、花粉症が酷い。

中国には杉やヒノキが少ないので花粉症は少ないと聞いていた。日本で杉花粉に悩んでいた私には非常にありがたい。実際、去年の今頃は何ともなかった。

しかし今年は様子が違う。先々週から花粉症の症状が止まらない。特に目のかゆみは日本に居た時よりも酷い。花粉症を中国語では「過敏(グオミン)」と呼ぶらしいが、少なくとも北京では殆ど知られていないし、知り合いの中国人の中に花粉症の人間は居ない。日本人か中国人かを見分ける必要がある場合は、花粉症かどうかで見分けられるのではないかと思う。このように市民権が得られていない花粉症患者には北京生活は更に厳しいものがある。さっきも散髪屋で花粉症の影響で目を真っ赤にしていると「何かのあったのか」と聞かれる。

日本であれば、4月中旬にはある程度は落ち着くのだが、北京ではいつまで続くかわからない。当然、花粉症用の薬も目薬もない。辛い日々が続く。。。