[23省中国料理]合わないものは合わない(北京河南大厦豫香餐厅)

数日前に行った河南省で食べた河南料理(豫菜)、どの料理も特に印象がなく、「中国4000年の歴史」「中原の都」を感じることができなかった。これは、巡り合わせの問題だ、場所を代えればきっと凄い料理が出てくる、という思いで潘家园の河南ビルのレストランに行く。

しかし自分に合わないものは合わない。

河南の代表料理の烩面の薄いスープは、羊肉の臭さを隠し切れていない。豆腐麺や刀削麺の変化のある食感も臭みで全く楽しめない。付け合わせの野菜も酢が強く、ビールがないと食べられない。

中華料理っぽくない中華、好きな人は好きだと思う。自分には合わないが。

10号線の潘家园にある北京河南ビル。

セットに入っていた凉菜。酢の使い方が特徴的。自分には合わないかな。

羊肉烩面。うーーん。

大厦のロビー。中国で一番人口の多い省のビルということで豪華。

<中国料理23省5自治区4直轄市2特別区チャレンジ>https://goo.gl/vs07Q7
<死ぬまでにやること100リスト>https://goo.gl/iPz2BH

中国料理23省5自治区4直轄市2特別区チャレンジ 32件目/34件中 河南料理
個人的好み ★★
アルコールが進む度 ★★
羊肉の臭さが気になる度 ★★★★