[中国観光]2017年大晦日・2018年元旦の河南省・洛陽ツアー

2017年大晦日から2018年元旦にかけての河南省・洛陽市ツアー。北京からの高速鉄道での移動も含めて、一泊二日で少林寺、龍門石窟、白馬寺、関林等を巡る。中華4000年の歴史の一端を教えてもらったり、大晦日に除夜の鐘を打たせてもらったりの家族旅行。

洛陽市への移動は高速鉄道。朝4時起きで子供たちは辛そうであった。

駅にはツアーを歓迎する大弾幕を持った担当の方が

昼食の会場。

キノコの炒め物

アヒルの肉。見た目がイマイチ。

河南省名物の烩面。ミルクベースのスープに豆腐麺や春雨っぽものが入っている。羊肉の匂いが若干きつかった。

少林寺入口

指で突いて穴をあけられたという巨木。信じがたい。

銅像の前で記念撮影

中国の像はとにかくデカい。

少林寺の映画にも出てきた、修行で地面がゆがんだ石の床。写真では分かりづらいが、右下の床がくぼんでいる。

このツアーには河南省や洛陽市政府が協力していたとのこと。夕食の前に政府の高官からの挨拶や洛陽市の紹介などがあった。

夕食のメニュー。川魚以外は普通の中華っぽい。

白酒に加えて日本酒も振舞われた

肉厚の川魚

北京、上海、天津などから参加した100名以上の日本人観光客。

宿泊した东山宾馆。昔は政府の高官が宿泊していたとのこと。

ホテルそばの香山寺からの眺め。対岸には龍門石窟。

夜の香山寺。

石化寺。大晦日にもかかわらず、参拝客は日本人だけ。やはり中国は旧暦ベースだ。

このお寺の鐘で除夜の鐘を打たせてもらう。

元旦の朝、朝食ビュッフェにおいてあった日本酒。日系旅行会社のこの辺の気配りは素晴らしい。

龍門石窟へ。

河南省特産の牡丹石。模様が特徴的。

龍門石窟。

龍門石窟の前で

キューブと

三国志の英雄、関羽が祀られている関林。

中国人の関羽に対する尊敬の念は凄いとのこと。

河南省の名物料理「水席料理」。

中国最古のお寺、白馬寺。

白馬寺にあった空海像。