[北京グルメ]土用丑の日でひつまぶし

先日土用丑の日をテーマにした某アニメを観て以来、子供たちはウナギに興味津々。そんな2017年の土用丑の日(7月25日)、ダメモト覚悟で近くの日本食屋にコンタクトすると予約はすんなりとできる。しかもセール中で138元のひつまぶしが80元に。

終業後、会社から直接日本食屋に向かい家族と合流。夏休み中の子供たちは、公文や宿題のプレッシャーなく、ひつまぶしを楽しむために夕方まで当日のノルマを全て終わらしたとのこと。こんなことは滅多にない。

ひつまぶし初体験の子供たち、長男は薬味、次男は茶漬けが気に入ったようだ。

土用丑の日にウナギを食べる、こんな贅沢できる環境に感謝する。

小鉢やサラダがついて80元。お得感あり。

うなぎ丼

薬味

茶漬け