[ラン]千載一遇のチャンスを逃す(北京地下鉄15号線ラン)

今まで一度も利用したことのないし、今後も利用しないであろう北京地下鉄15号線。世界の頭脳が集積する清華大学大学の最寄りの清華東路西口駅からゴルフ場が集まる順義方面へ東西に延びる地下鉄。距離はフルマラソンの距離。

前日の夜、くるくる会に参加していたママさんたちにあおられて散々酒を飲んでいたので2時起きができず遅めのスタート。とは言え、前日、既に地下鉄ラン(9号線ラン)をしているのでなるべく早めに帰宅しないと家族から不評を買う。帰宅時間を10時前と決めて焦りながらの15号線ラン。

幹線道路の下(又は上)を走る地下鉄15号線、表示距離(41.4km)と実際の走行距離(42.30km)にほどんと相違はない。朝飯(水を含む)を取らずに走りに行ったため、30kmを過ぎてから若干の脱水症状。気温も30度を超え、フラフラしながら走る。

なんとかゴールの俸伯駅に着いた時は9時を過ぎていた。早く帰ら羅ければ家族が不快な思いをするとは言え、タクシーで帰ると100元以上かかりそうなので、地下鉄で一時間以上かけて帰宅する。帰宅した時は10時半、きっと家族は怒っていると思いきや妙に親切。聞いてみると今日は「父の日」とのこと。胃がスッカラカンの状態でカミさんから「何食べたい?」と聞かれたので、とりあえず早く用意ができそうな「百度のデリバリーで吉野家の牛丼」と答えてしまう。20分位で届いた牛丼を食べながら、「父の日だったら時間のかかりそうな北京地下鉄13号線に挑戦できたかも、、、」と後悔する。

こんな機会は一年に一回しかない。来年以降はスケジュール帳に「父の日」を記入するようにしようと心に誓う。

【ラン記録】
走行距離:42.30km
走行時間:4時間50分20秒(オートストップなし)
天気:曇り
気温:26℃~32℃
AQI:100くらい

【ガーミン記録】

https://connect.garmin.cn/modern/activity/15750554

スタートはやや遅め。

スタート地点の清華東路西口駅

中国林業大学。北京でHSKのネット受験(PC受験)を申し込むとここで開催される。

六道口駅

北沙灘駅

中国農業大学

オリンピック公園駅

大屯路東駅

安立路駅

オリンピックタワーとキューブ

鳥の巣

関荘駅

インターのある現地校(ファンチャオディー)。家族は日壇公園の近くと言っていたが、、、よくわからん。

望京西駅

望京駅

望京駅

河を見ると写真を撮りたくなる

国展駅。ここから同じデザインの駅が続く。

花梨坎駅。完全に燃料切れ。

自販を見つけた時、小さくガッツポーズ

この日、初めて口にするものはコーラ(600ml)。一気に飲み干す。

15号線の列車を発見!

後沙峪駅

南法信駅。

ここで二度目の給水。生き返った。

石門駅

順義駅

大きな河

俸伯駅。ゴール!

5時間ペースのフルマラソン。暑さを考えるとまぁまぁ。

一世代前のレンタルバイク(ステーションに戻すタイプ)。時代についていけなかった感が強い。

一世代前のレンタルバイク。日本で導入されているものと同じタイプ。MobikeやOfoを知ってしまった以上、これには戻れない。