[北京生活]身体を清めてからケーキ(BLACK SWAN, 黑天鹅)

「長期休暇(春節、国慶節)に何処も行かなかった場合は、高級スイーツを食べる」というルールが我が家にはあるようだ。

去年の国慶節に引き続き、今回も高級スイーツ。北京スイーツ界の最高峰BLACK SWAN(黑天鹅)。1,999,999元(1600万円)のケーキがディスプレイされ、配達用の車は黒塗りの高級車、との噂。鎧塚氏の店と同じビル(外交事務楼)に入っている。

おっかなびっくり家族で入店すると、間髪入れずにマカロンの試食を勧められる。美味い。

ディスプレイされたホールケーキは1,000元を下ることはなく、宝石を見ているようだ。「タブレットPCよりも高いケーキだ」とビビる子供たち、雰囲気に圧倒されて店内ではずっとおとなしかった。

店員さんに一番有名なケーキを聞いて158元(2,500円)と100元(1,600円)の小さなケーキを購入する。

帰宅後はまず、身を清める(風呂に入る)。神棚があったら、購入したケーキをそこに置いていたかもしれない。日頃はインスタントコーヒーのところを今回はドリップコーヒー。

感想としては、「食感が細かい」「チョコレートの香りが強い」「甘すぎない」といった感じだろう。美味しゅうございました。

1,999,999元のケーキの前で

宝石店のような店内

包装も豪華

どちらもチョコレートベースのムース

この日はFAT BARGERで食事。ここのハンバーガーのパテは肉感がとてもよく美味い。ビール(カールスバーグ)も置いているので、肉を食べたいときはココが良い。

左はシングル、右はトリプル。パテが美味しいのでトリプルでも飽きずに食べれる。