[ゴルフ]腱鞘炎リハビリ開始(北京美松高尔夫俱乐部)

ルービックキューブ(片手)のやりすぎで左手首が腱鞘炎気味になってから控えていたゴルフ。しばらくすれば回復するとタカをくくっていたがナカナカ完治しない。しかしながら、ずっとゴルフをしないというのもサラリーマンを続ける上では障害となる。

、、、ということで高碑店の北京美松高尔夫俱乐部にリハビリを兼ねての打ちっぱなしの練習へ行く。(去年まで行っていた家から自転車で行ける朝阳高尔夫俱乐部はクローズしたとのこと。) UBERで片道約20元だが仕方がない。実はこの練習場、北京駐在直後に行きフロントで中国語でまくしたてられ、何がなんだかわからな

いまま2,000元の会員カードを作らされる。なんと5000球もカードに残っている。自分の場合、一回行っても100球程度しか打たないので、あと50回行かなければならない。週末の度に行っても1年かかる(泣)。

そうとは言え、1年前に改修されてからキレイなっていた。自動ティーアップの球補給機から打席ごとに設置された鏡、ゆっくりできる椅子と設備としては申し分ない。またキャディーさんもキビキビしていて気持ちよくプレーができる。なんとなく川崎LYNXと雰囲気が似ている。

cof

非会員は、100球100元、打席料30元(夜50元)とかなり高め。真面目にやるなら会員になった方がお得。

cof

全自動のティーアップ機。腰を曲げなくてよいのは助かるが、一打一打が適当になっていく。

cof

全長230mとのこと。ドライバーがネットまで届かない。。。

sdr

端午節休暇中。一回埋まっていない。

cof

ボールはノーブランド。変な線が入っている。朝暘ゴルフはディンプルがほとんど消えたボールで曲がり方予測不能だったが、美松はそうでもない。

約8か月ぶりにゴルフクラブを握ったことになる。やはり左手首に違和感がある。更に握力が戻っていないので、左手首のみならず右手首や手の指も痛い。当然、球は右に左に飛んでいく。リハビリにはもう少し時間がかかりそうだ。