[ルービックキューブ]シール張り替え〜客観性を忘れてはならない

友人にルービックキューブを勧める時に昔自分が使っていたルービックキューブを渡した際、「○○さんの手垢まみれですな」とのコメント。確かにシールの角は剥がれ素人が見ても、使い込んだ感がわかる。普段は気にしていなかったが言われてみれば「不衛生」となるのかもしれない。

そして、くるくる会の見学者用のキューブをよく見てみるとシールはボロボロである。これでは初心者の人にとっては「ルービックキューブ=不衛生」とのイメージがついてしまうかもしれない。

、、、というわけで、シールの貼り替え作業&ファブリーズ作業のため家中の古いキューブを集めてみたら相当数(10コ近く)になった。シールを剥がしてパーツを拭き、新しいシールを貼る作業。とても単純なので直ぐに別の事がしたくなる。

このシールの件もそうであるが、くるくる会などで他人にルービックキューブを勧める際には客観性を忘れてはならない、と感じる。過去に私からルービックキューブを勧められた人たちは以下のように思ったのかもしれない。

  • ちょっとできるからって偉そうにしやがって。
  • どうでも良い話題に自分の貴重な時間を使うな。
  • 俺だって昔はできたのに今は忘れた。今は知らないフリをしておこう。

まぁ客観性を忘れてしまい人間関係をハズしてしまるようなことにがないようにしなければならない。

IMG_20151031_151411 2

シールの角がボロボロのルービックキューブ。

IMG_20151031_153857