[ゴルフ]ゴルフ団体戦(北京长阳国际高尔夫俱乐部)

 学生時代(小学〜大学院)の全てをかけていたテニス、個人競技だと思われがちだが実は団体戦(学校対抗戦)が主流。一人(一ペア)の成績が団体全体の成績に影響する。試合前の緊張感、試合中の「仲間と一緒にあらゆる手段を使って勝ちにいく」という点が醍醐味であった。そういう気持ちを味わうためには、前準備(厳しい練習)と強い精神力が必要であるが、社会人になってからはそのような余裕はなくなり団体競技は避け、マラソンやルービックキューブ等の個人競技に多くの時間を割くようになった。

 そして今回のゴルフチーム戦。作戦会議等で盛り上がる一方で、一打一打の緊張感は普段のゴルフとは全く異なる。そして何より、他のプレーヤーのナイスショットを素直に喜べない。もはやこれはゴルフと言えない。やはりゴルフは基本は他人と争うものではなく、自分自身と争うべきものだと思う。自分の性格上、ゴルフの団体戦は、タマにならば良いが頻繁に行うのは少々気が引ける。。。

 ゴルフの内容自体は、可もなく不可もなく。相変わらずアイアンが右に行ったり左に行ったり。一つ気づいたのは、ドライバーを「右中間方向打ち」しようとすると逆に手首が返ってしまいチーピンフックになってしまうという事。これを防ぐにはテークバックを小さく、ヘッドの軌道で右中間方向を狙うのが良い。

・2015/10/17 (Sat)
・北京长阳国际高尔夫俱乐部(ABブルーティー、6482Y、Aスタート)
・IN45、OUT46の91、バーディー数0、パー数6、ボギー数8、ダボ数2、トリ数1、ダブルパー数1。
・パーオン率22.2%、フェアウェーキープ率50.0%、ショートワンオン率50.0%
・パット数36、パーオン時平均パット数2.6
・OB/Lost0、アンプレ1、水なし、砂2回
・晴れ、25℃、PM2.5 300位

1 2 3 4 5 6 7 8 9 Total
BLUE 352 375 505 161 392 332 526 169 408 3220
PAR 4 4 5 3 4 4 5 3 4 36
SHOT 5 5 6 4 4 5 6 4 6 45
PAT 2 2 3 2 1 2 2 2 2 18
FAIRWAY × × × × 3
ONEON  ×  × 0
10 11 12 13 14 15 16 17 18 Total
BLUE 308 532 171 412 358 535 348 399 199 3262
PAR 4 5 3 4 4 5 4 4 3 36
SHOT 4 8 3 5 8 5 6 4 3 46
PAT 1 2 2 2 3 1 3 2 2 18
FAIRWAY  × × ×  4
ONEON 2

・HOLE[スコア/パー]

1H [5/4] 他のプレーヤー3名暫定球のスタート。
2H [5/4]  9Iのアプローチが右に飛び出す。スタンスが合っていないことは明らか。
3H [6/5]  ドライバーを左のバンカーへ。5Iのハライ打ちが成功。
4H [4/3]  前のホールで当たった5Iがドンズマリ。
5H [4/4]  ドライバーが木の中へ。ヨセワンでやっとパー。
6H [5/4]  1.5mのパーパットを外す。
7H [6/5]  140Yを想定していた8Iが155Y飛ぶ。全く距離感がつかめていない。
8H [4/3]  6Iで失敗。
9H [6/4]  ベアグラウンドでアプローチ失敗。
10H [4/4]  キセキのワンパット。
11H [8/5]  ドライバーが木の中へ。アンプレ&出すだけでトリ。
12H [3/3]  久々のパー。
13H [5/4]  渇いているグルーンと湿っているグリーンの差が激しいことに気づく。
14H [8/4] 左にOB。加えてスリーパット。
15H [5/5]  ヨセワン成功
16H [6/4]  最悪のスリーパット。
17H [4/4] 快心のパー
18H [3/3]  199Yが5Iで届く。

IMG_20151017_100042

PM2.5のためドライバーのボールの落ち際は見づらい

IMG_20151017_095818

天気予報は快晴でも、直視できる太陽。

IMG_20151017_123008

植物園のようなクラブハウス