[Audiobook] 救われない気持ち(中村文則著「掏摸(すり)」)

窃盗や詐欺には共感できない。

学生時代に友人から譲ってもらったばかりのオフロードバイクを大学構内で盗まれたり、ローマ空港でスーツケースから物品を抜き取られたりした。その事由自体が悲しいこともあるが、その後しばらくは人間不信に陥ることも辛い。

だから、ギャングやスリが主人公のストーリーは感情移入ができないし、悪党を正当化しようとする内容には嫌悪感を感じる。

「掏摸(中村文則著)」も、その手のストーリーだろうという先入観があり、全体を通じて楽しめなかった。登場人物の殆どが悪党。また、不幸な子供が登場する点も個人的には好きになれない。裏社会の話であれば、不幸な大人だけがもっと不幸になる話で良い。

スリを生業とする主人公のハッピーエンディングとならなかった点は良かったが、救われない気持ちになる。

The Thief (UNABRIDGED)
  by Fuminori Nakamura
Regular Price:$13.96
LENGTH:4 hrs and 1 min

audible.comに掲載されている日本の小説は純文学の比率が多い。大衆小説(山崎豊子氏や宮部みゆき氏の作品)も是非とも掲載してほしい。

純文学度           ★★★★
伏線が回収されない度     ★★★
Once a knave, always a knave度 ★★★★