[IEN] 日本の将来は明るいのか、暗いのか、(CVG OBOG会懇親会 in 東京)

13年前、第一回日刊工業新聞主催の学生ベンチャーグランプリCVGIEN事業で応募し大賞を頂いた。賞金は100万円(今年のグランプリの賞金は50万円とのこと)もあり、サーバー代や海外との通信費に使わせていただいた。先日、その学生ベンチャーグランプリのOBOG会の東京懇親会に参加した。

ITサービスでIPOを目指す学生さん、医療系ベンチャーの社長さん、大学の研究室で新素材を開発した若者、自著と関連サービスのプロモーションに精力的な異端児、など高度な専門知識とともに前向きな生き方を持ち合わせる素敵な方々と知り合うことができた。今の日本に希少な人材なのか、こういった方々には金(ベンチャーキャピタル)が集まり、人(要人、有名人)との繋がりも多くあるそうである。今の日本の第一線の経営者として活躍されている、13年前のITバブルの時にお会いした起業家の方々と同じ雰囲気を感じ取ることができた。閉塞感漂う日本を変えてくれる方々だと思う。

ただ、複数の方から報道されていない少々気になることを聞いた。少子高齢化、債務、災害リスク等の顕在化について。

いったい日本はどうなるんだ?