[アフリカ] 青年海外協力隊OB会に参加

先日、居住している都道府県の協力隊OB会主催の忘年会+平成21年度3次隊壮行会に参加させていただいた。協力隊から帰国してから初めてOB会、10年間でいろいろと協力隊も変わったようだ。

  • 昔は年3回の派遣(3次隊制)だったが今は年4回の派遣(4次隊制)
  • 活動中にブログやHPを開設するためには申請が必要
  • 40歳までという年齢制限がないシニア海外ボランティアという制度がある
  • 広尾訓練所がなくなり、駒ヶ根訓練所と二本松訓練所のみになる

国費(税金)を使っての国際協力という分野は本当に難しい。援助を受ける国にとっては、なんらリソースを使うことなく外貨が稼げるのだから、こんな嬉しい話はない。感謝して当然である。よって、国際援助屋さん(JICA、協力隊)は、援助を受ける国から「感謝されている」ということを免罪符に努力を惜しむようなことはあってはならない。国際援助屋さんたち投資家(納税者)を納得させなければならない。

そんなことを思いながら、21年3次隊の若い力を応援したい。