[47都道府県駅弁]山口・ふく寿司、広島・活あなごめし、広島・カープ優勝祈念弁当

実家からの帰り、新幹線停車駅である新下関駅で駅弁を購入しようとしたところ、「新下関駅の駅弁販売は撤退した」とのこと。地方での合理化により、地元でないとできないことが一つ減ると益々地元の価値が下がり、さらに合理化が進むという負のスパイラル。解はなかなか見つからない。

仕方がないので乗り換えの広島駅のプラットフォームでの購入に駅弁入手を託して新幹線に乗り込む。

ところが、広島駅のプラットフォームのKIOSKで「ふく寿司」を発見!下関で購入できなかったふく寿司が広島で購入できるということは、やはり経済には「消費」が必要だということだろうか。併せてKIOSKのおばちゃんおススメの活あなごめしと、興味本位でカープ優勝祈念弁当を購入。

新幹線車内で、まずはふく飯。地元下関ではフグのことを「ふく」という。厚切りのふくの身は、かなりショッパイが酢飯とよく合い美味。下関(というか広島)に来ることがあれば、賞味するのが良いかと思う。

次はあなごめし。見た目も味もうな重である。あらかじめ切ってあるので食べやすいが少々量が少ない。

そして最後はカープ優勝祈念弁当。これは駅弁とは言えない。というのも広島以外の11球団のご当地食材が入っているだけで広島らしさが全くない(例:しゅうまい(DeNA)、タコ焼き(阪神)、ハムカツ(日ハム))。まぁ、話のネタになりそうだ。

47都道府県駅弁チャレンジ 5都道府県目、6都道府県目