[死ぬまで100]今年の一文字と、死ぬまでにやる・やり続ける100リスト2017年総括

1. 今年の一文字

今年の一文字はズバリ、、、

「声」

  • 2017年の重要イベントは何といっても中国の小学生向け日本語教科書の音『声』協力をしたことだ。「人に何らかの影響を与える」という側面でいえば、これ以上にインパクトのあることは自分の人生では思いつかないし、これからも無いであろう。
  • また今年もくるくる会や990toeic.comの勉強会で自分の『声』を多くの人に届けた。更に日本倶楽部秋祭りのステージで自分の歌『声』も人に届けた。

2. 死ぬまでにやることリスト100-総括

2015年から始めた死ぬまでにやること100リスト、上半期はイマイチの情況であったが、下半期にはいってから偶然が重なり9つもの目標を達成することが出来た。

  • 2015年 6
  • 2016年 11
  • 2017年 9

また死ぬまでやり続けること(継続目標)も、15勝4敗(15達成4未達)と悪くはない一年だった。ただAfrica-Japan.comやAcademiathlonに関して実質的な進展はなかったことは反省すべき点である。来年は意識的にアクションを起こさなければならない。

2.1 死ぬまでにやること100リスト 2018年達成目標

  1. Academiathlonオリンピックディスタンス(水中キューブ15回、BLD5回、片手30回)完走⇒2017年夏休み中に達成
  2. 990TOEIC.com TOEIC講座開催 ⇒2017年10月にTOKOTOKOと共同企画にて達成
  3. くるくる会メンバーの出身国数10カ国⇒2017年10月、イギリス人のAさんご参加で達成(日本、中国、韓国、イスラエル、南アフリカ、フィリピン、インド、ガーナ、アメリカ、イギリス)
  4. 北京五環路を一周ジョギング⇒2017年10月3日達成
  5. 北京地下鉄観光LSDラン全路線コンプリート⇒2016年7月~2017年8月にかけて達成
  6. トレッドミルでフルマラソン(42.2km)完走⇒2017年6月24日達成
  7. 10km連続で泳ぐ ⇒2017年夏休み達成
  8. 論語を中国語で読む⇒原文は無理なので小学生向けの論語を読む。ついでに北京の孔子廟・国子監も訪問。
  9. 人前でギター演奏⇒2017年北京チャリティー秋まつりのステージで中国人の王さんとKURUKURU BROTHERSを組んで演奏

2.2 死ぬまでにやり続けること100リスト(継続目標) 2018年次達成目標

  • 【×未達】死ぬまで年間10000ソルブ⇒年間トータル3000回弱。反省。
  • 【○達成】死ぬまで毎年最多層商用ルービックキューブを完成させる⇒10月に13×13を完成
  • 【○達成】80歳で3x3x3目隠し成功⇒成功率は半分くらい。
  • 【○達成】死ぬまで年間1000キロ⇒2017年走行距離1600キロ
  • 【×未達】50歳でフルマラソンサブ4、60歳でフルマラソンサブ5、70歳でフルマラソンサブ6、80歳でフルマラソン完走、90歳でハーフマラソン完走⇒2017年はサブ4達成できず
  • 【○達成】60歳でオリンピックディスタンス完走⇒北京国際トライアスロン完走
  • 【○達成】連続懸垂5回を死ぬまで維持⇒未だ大丈夫
  • 【○達成】連続腕立て20回を死ぬまで維持⇒少しフォームが怪しい
  • 【○達成】年間108回以上(週平均二回以上)のブログ投稿/情報更新⇒年間150更新
  • 【×未達】毎年990点をとる⇒10年ぶりに受験して960点。来年から頑張ろう。
  • 【○達成】一年に1回以上WCA公式大会に出場する⇒北京ルービックキューブ大会に参加
  • 【○達成】中国河北省涿州东京都颐和城ゴルフ場、10年に一度プレー⇒11月に再訪
  • 【○達成】アカデミー賞最作品賞を全て鑑賞する(生まれる前の作品は除く)⇒2016年作品賞(Moonlight)は鑑賞済み。過去分44作のうち14作は鑑賞済み
  • 【○達成】日本アカデミー賞最優秀作品賞を全て鑑賞する⇒2016年作品賞(シン・ゴジラ)は鑑賞済み。過去分39作のうち14作は鑑賞済み
  • 【○達成】本屋大賞作品を全て鑑賞する(書籍、映画、又はテレビドラマで)⇒2017年大賞(蜜蜂と遠雷)は購読済み
  • 【○達成】毎年HSK180点以上⇒5月受験で192点
  • 【○達成】毎年弁理士試験(論文、特許・実案)を解く⇒難易度は例年並み
  • 【×未達】毎年センター試験(英国数)を解く⇒英語だけ解く。
  • 【○達成】死ぬまで「日々の記録」をつける⇒形骸化気味。

 

北京の公園で見かける巨大な筆(水)。ペットボトルから水補給ができる優れもの。

「今年の一文字」を書く→乾燥した北京では直ぐに消えてしまう。