[23省中国料理チャレンジ]濃い目の味付けはビールに合う(寧夏回族自治区)

「寧夏」はピンイン読みできるが日本語読みができない中国語の代表例。「ねいか」と呼ぶらしい(確かに「丁寧」の「ねい」だ)。他には「陕西」や「粤菜」も日本語読みがわからない。

今回、寧夏ビル(宁夏大厦)の宁夏驻京办德园に家族で夕食を食べに行く。地域名に「回族」が含まれているにも関わらずビールや白酒はメニューに載っている。この辺の曖昧さは外国人にとっては嬉しいところ。

羊が中心の寧夏料理、同じく回教地域の新疆料理と通じるものがある。

通常、出張所(駐京所)のサービスはあまり期待できないのであるが、この寧夏ビ出張所のサービスは◎。人気店なのか直ぐに席が埋まっていた。自宅に近かったら頻繁に来てみたいレストランだ。

シグニチャーディッシュの手抓羊肉

タケノコの前菜

干锅千叶豆腐

羊肉串

店内。味・サービスが良いので人気店だと思われる。

レストラン入り口。

中国料理23省5自治区4直轄市2特別区チャレンジ 26件目/34件中 寧夏回族自治区料理
個人的好み ★★★★
アルコールが進む度 ★★★★
新疆料理と区別がつきにくい度 ★★★★