[中国映画]戦狼2(战狼2、Wolf Warriors Ⅱ)

戦狼2、映画でも中国の勢いを感じる。

展開の速さと派手な爆発シーンで少々不自然なプロットもそんなに気にならない。死なない主人公はランボーやダイハードに通じるところがある。少々グロテスクな描写も今までの中国映画にない新鮮さがあった。

日本で上映されるかどうかわからないが、評価は二分するであろう。日本人の否定的で稚拙な意見は容易に想像できる。一つ言えることは日本で同様の戦争物の映画を製作するには、内外からの批判を跳ね返す覚悟が必要、ということである。

中国の歴代興行収入の記録を塗り替えた戦狼2、公開から12日間で560億円とのこと(人民日報)。日本の歴代興行収入のトップは308億円(千と千尋の神隠し、Wikipedia)。中国の「今」を知りたいという方は一見する価値があると個人的に思う。

SOLANA(蓝色港湾)の映画館

事前に大众点评でチケットを購入しておき(座席も選べる)、現地で番号を入力し発見する。一言もしゃべらず映画が見られる。

映画鑑賞の前の巴贝拉。薄皮生地のはずが結構ローマタイプ。