[紹興酒]いろいろと不便なカメ容器(女儿红五年陈精品黄酒)

ほぼ半数の紹興酒の容器の形状は「カメ」だ。「カメ」は雰囲気がでるのでディスプレイとしては良い。ジンドンで購入した女儿红五年陈精品黄酒の容器もカメで、コルク(软木)で封がされている。1.5Lもあるので一日では消費できず保管する必要がでてきた。

既に抜いてあるコルクはボロボロと崩れかけていたため使えない。ワイン用のゴムコルクもあったが、直径が小さすぎて適していない。結局、ラップだけで対応することにした。

ジンドンやタオバオで紹興酒用のゴムコルクを探すが見つからない。中国の人は、紹興酒をいつも飲み切ってしまうのか?それとも気にしないのか?

加えてカメの容器はいろいろと不便だ。容量に対して保管場所をとる。また注ぐときに持ちづらく、どうしてもこぼしてしまう。そして何より、カメで酒を飲んでいる姿は傍から見ていると「酒飲み」にしか見えない。

いろいろと不便なカメ容器であるが、紹興酒を飲むうえでは避けては通れない事由である。

女儿红五年陈精品黄酒

ラップで封