[中国観光]母校の校是「天下第一関」のある山海関を訪れる

母校、山口県立下関西高等学校の校是は「天下第一関」。

創立当時、「天下第一の関中たれ」「中等教育は人生第一の難関、これを克服せよ」との思いが込められているとのこと(下関西高等学校旭陵同窓会資料より)

その天下第一関は河北省の山海関にある。天下第一関のそもそもの語源は万里の長城の東端とされる「老龍頭」から数えて一つ目の関所であったからとのこと。

天下第一関がかかげられた東門城楼。思っていたよりも小さい。

天下第一関。

城楼内部にあった天下第一関。

城壁(長城)の一部で決めポーズ。

明の時代に思いをはせていると、城壁に「2007年」の刻印が、、、

東城楼にのびる城壁。

天下第一関の英訳はTHE FIRST PASS UNDER HEAVEN。北京からバスで4時間半の場所にあるが、この日はバスの不調&霧による高速道路の一部封鎖で、結局6時間半もかかってたどり着いた。

万里の長城の東端、老龍頭。

遠くに見えるのはコンビナートらしきもの。

老龍頭の先端に。。。

記念撮影。

ランチ。中央にあるおでんっぽいのは地元料理(名前は失念)。発酵した白菜ベースのスープで酸っぱい。