[北京生活]立春を機に食事記録ダイエット開始

体重、危険水域というよりも既にアウト。見た目がどうこうというよりも健康に良くない。

今までと同じやり方(気が向いた時だけ走ったり炭水化物を抜いたり)では体重は減るどころか増える一方。考え方自体を変えるしかない。

体質的に運動で筋肉量を増やして脂肪を燃やすよりも、食事を制限したほうが体重は落ちる。よって食事管理することから始める。去年は一年を通して食べたもののカロリーのみを記録していたが、記録が適当になってしまうことと何を目指しているのか曖昧になっていることから全く効果はなかった。

そこで今回、節分(立春)を機に口に入れたもの全てを撮影&記録(カロリー含む)することにした。記録のプラットフォームは微博(weibo、中国のtwitter)。

ただし記録に要する負荷を低減するため、白湯やブラックコーヒー、紅茶(混ぜ物なし)などのカロリーゼロの飲料は記録の対象から外すことにした。

今晩は家族でドイツ料理屋に行く予定。以前から予定していたので変更はできない。早速のチャレンジングな場面だが食べ過ぎずに乗り切りたい。

記録を開始する直前の立春の食事。恵方巻に春餅。「記録なしで食べる最後の食事」ということで食べ過ぎてしまう。。。意思が弱い。