[つぶやき]Windowsフォトのアップデートでフォーカス範囲が使えなくなる→応急処置

Windows10のデフォルトのフォトアプリ「フォト(Photos)」(Photo viewer)は、動作が軽い上に「フォーカス(フォーカス範囲)」という機能があり、簡単に背景ぼかしができて重宝していた。

最近になってフォトがアップデートされ様々なエフェクトの追加や操作性の向上が図られたようだ。しかし私が唯一利用していたフォーカスの機能が見当ない。いくら探しても見つからない(ご存知の方は教えてください)

photo

いくら探しても「フォーカス」「フォーカス範囲」が見つからない。

仕方がないので応急処置を他のソフトで行わなければならない。いろいろと選択肢はあるが、GNUでフリーのGIMPを使うことにする。

1

(1)GIMPで画像を開く

2

(2)「ツール」→「選択ツール」→(適当な選択方式を選ぶ)

3

(3)選択結果(上の画像では薄~い線が選択範囲が囲われています)

4

(4)「選択」→「選択範囲の反転」を選ぶ

5

(5)「フィルター」→「ぼかし」→「ガウスぼかし」を選択

7

(6)ぼかし半径を適当に設定(大きな値になればなるほどボケる)

8

(7)背景がバッチリぼける。

選択範囲の境界の不自然さが際立つが、簡易的にやるとするとこれが現実的だろう。こんなことをするよりもWindowsフォトでフォーカス範囲機能の復活?を希望する(私の探し方が悪いだけかもしれない)