Canoe project

アフリカガーナのボルタ川における生活の足としてのカヌーを運営するプロジェクト。

1996年から1999年の間、青年海外協力隊隊員だった浜田が週末の運動不足解消のためカヌーを購入。その後にボルタ川での生活の足としてのカヌーの供給が不足していることを知り、当該カヌーを知人に提供し、カヌー事業が始まる。

浜田の帰国後に経年劣化により当該カヌーが廃船になったことを知り、2016年カヌー事業をManiwa Edem氏と再開することを決意。2016年中に二隻目のカヌー(ヤマハのエンジン付き)を進水させることを目標にプロジェクト進行中。

Canue project which provides canoe for daily life in Volta River of Ghana.

Hamada, who stayed from 1996 to 1999 as a Japan Overseas Corporation Volunteer, bought a canoe to exercise body on weekends.  Knowing the lack of canoes in Volta River for daily life, he decided to provide his canoe, which was the start of this canoe project.

After returning to Japan, the canoe was retired due to aging degradation, he and Mr. Maniwa Edem decided to restart the canoe business.  This project is on going to launch the second canoe by the end of 2016.

IMG-20160512-WA0000

建造中のカヌー/Canoe under construction

IMG-20160730-WA0005

Boss Yuichi Hamada

IMG-20160730-WA0003

From the backend

IMG-20160512-WA0001

IMG_0154

The first canoe in 1997

boat1

The first canoe in 1997

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする